どの位なら様子をみて大丈夫か

喉のトラブルは耳鼻咽喉科がおすすめ

病院に行くとしても、喉の痛みの場合は内科なのか耳鼻咽喉科なのかどちらを受診すれば良いのか悩んでしまいます。

どちらに行っても大丈夫なのですが、鼻喉以外にも辛い症状があるなら内科、とにかく喉が辛い、声が出るようになりたいなら耳鼻咽喉科の受診と使い分けしている人も多いようです。

早く声が出てほしい時は耳鼻咽喉科の方が、消毒や炎症を鎮めるような治療器具も揃っていますし、根本的な原因を調べてもらいやすいかと思います。

ポリープ等の異物ができている場合には状況によっては手術が必要になります。
風邪の影響よりもそちらの疑いがある場合には大きい病院の中にある耳鼻咽喉科を受診する方が、その後の治療もスムーズかと思います。

悪化させないのが一番

喉が弱い、酷使する人はちょっとした風邪でも喉に影響を受けやすいので別として、そうでなければ声が出なくなるなんて、そう何度も経験する事ではないかもしれません。

病院にいくのも面倒だなと感じて様子をみるとしても、1週間経っても改善しないならば受診をしましょう。

また精神的な事が影響して声が出なくなってしまう事もあります。
極度の緊張やストレスや疲労が蓄積すると、声を出すのに必要な筋肉が固くなり思うように声が出ません。

精神的なものも放置してしまうと、声が出ない事がさらなるストレスになり状況が悪化する可能性もあるので、早めに受診をおすすめします。
この場合には耳鼻咽喉科に限らず、心療内科などで相談してみても良いでしょう。


この記事をシェアする