悪化させないように注意したいこと

乾燥は喉の大敵です

空気中が乾燥していると、喉も乾燥して炎症をさらに悪化させたり、風邪やインフルエンザ等のウイルスが体内に侵入しやすい環境になってしまうので用心しましょう。

乾燥が気になる季節は室内に加湿器を焚いたり、マスクをするなどして、喉を乾燥から保護する事をオススメします。

炎症を起こしている時は殺菌効果も期待できる緑茶等でこまめにうがいするのも良いようです。

首回りを冷やさないようにハイネックの洋服をきたりストールやマフラーなどを巻いて温める工夫も必要です。

あとは難しいかもしれませんが、炎症を起こしている時には喉を使わないように喋らないのが1番です。
喉にとって安静なのは保湿して喋らない、その方が治りも早くなりますね。

いつの間にかやっている喉にNGな事

習慣でついやっているかもしれないですが、喉が傷めている時にはNGな事があります。

早く声を取り戻すことが出来るように、喉を傷めている時は悪化させない為にもグッと我慢も必要です。

喉に刺激を与えるようなタバコやアルコールはNGなのは勿論ですが、塩分の強い食べ物は喉に刺激を与えるだけでなく、乾燥させてしまいます。

喉に炎症を起こしている時は、冷たい飲み物を飲みたくなったり、冷やした方が炎症が静まるのではと思ってしまいますが、喉や身体を冷やすことになり免疫力を下げてしまいます。
はちみつ入りのホットドリンクで喉を潤すのがベストです。

セルフケアや喉にNGな事は避けるのはあくまでも応急処置です。
何日たっても症状が改善されない、原因がわからず急に声が出ない等の場合は早めに治療が必要な場合もあるので早めに受診したほうが安心です。


この記事をシェアする